Pro Connect 独自のCS(Customer Success)サービス担当に聞く! ~案件稼働中 編~
2022.07.13

目次
  • ①面談時との仕事内容の相違
  • ②稼働時間オーバー
  • ③単価適正度

Pro Connectにご登録後、案件に入って頂いている稼働中のお悩みについて多くいただくTOP3について、
CSでご対応させていただいている内容をお伝えいたします。

①面談時との仕事内容の相違

〈問題〉
案件の契約前に内容の確認を、書面と面接の両方で行います。しかし実際に稼働した際に契約内容との相違が発生する場合があります。
〈解決方法〉
企業側とフリーコンサルタント側、夫々の事実確認の上、弊社含む3社で話し合いの場として面談の場を設けます。その後、内容の改定があるのか、契約時との違いについて受け入れられるか否かを話し合っていただきます。残念ながら辞退となったフリーコンサルタントの方には新たな案件のご提案を行います。

②稼働時間オーバー

〈問題〉
80%稼働で働いていていただく契約にも関わらず、稼働を超える仕事を要求されるケースがあります。例えば稼働日ではない日のミーティングへの参加の要請などが発生した場合。
〈解決方法〉
パターン1:フリーコンサルタントの方が直接企業とお話していただく
パターン2:Pro Connectのセールスが企業に事実確認をする
パターン3:3社(企業、フリーコンサルタント、Pro Connect)でのフォロー面談を設定する

③単価適正度

〈問題〉
仕事内容は案件参画前にすり合わせを行いますが、実際に稼働中にタスクが増えたケースなど、フリーコンサルタントの方がギャランティアップをご希望の場合。
〈解決方法〉
企業を担当しているPro Connectセールスメンバーと連携し、企業側に打診を行う。内容としては、単価(ギャランティ)を上げていただくための領域を広げる等の条件提示をいただくよう進めます。

記事一覧に戻る